なんとなく、コレが欲しくなった(´_`)


もはやすっかり電タバブログ

2016年 10月 08日

GoblinMiniV3注文しました(´_`)

おはようございます。電タバ6年、VAPE半年超のたんやおです(´_`)

今週から、HiLIQ3ml香料レビューシリーズが始まる予定でしたが・・・
え~っと、まだ届いてません(-_-;

いやね、HiLIQが悪いんじゃないですよ。
いつものように、翌日には出荷してくれてますから。
ただその後、「国際交換局から発送」で止まってるんですよ(-_-;

ま~ね、10月1日から中国は国慶節(日本の建国記念日みたいなもの)の大型連休になるって情報は知ってましたので、その前に注文したんです。
しかし、直前だったのが良くなかったんでしょうね、途中で国慶節期間に入ってしまいました。
まさか、EMSの配送まで止まってしまうとは思ってませんでしたけど _| ̄|○

またひとつ、お勉強させて頂きました(´_`)


で、その憂さ晴らしってことではないんですが、VAPECHKUD Goblin Mini V3を注文しちゃいました。
goblin_mini_v3_002.jpg


注文に至るまでいろいろあったので、今日はそれを記事にしたってわけです(´_`)


このアトマ、最初にレビュー見た時にまた一目惚れしちゃいましてね・・・(^^;
一目惚れは、Cthulhu RTA V2以来ですね(´_`)

いや、Cthulhuに不満があるとかそういうんじゃないんです。
元々Cthulhuは家吸い専用と思って購入して、その通り毎日不満なく使っています。
ただね、外に持ち出すには、ちょっと大きい感じがするんですよね。
特に、iStick Picoに載せてるので、大きさがより目立つんですよね(´_`)
istick_pico005.jpg


そこで、お出かけ用にもうちょっと小さいRTAが欲しいな~、なんて思っていまして。
そんな折、ボトムフロー&シングルコイル&トップフィルといったツボを押さえたこの製品、
そしてCthulhuと同じようにデュアル用のデッキも付属するという・・・
実はWotofo Surpent Miniの時も同じように食指は反応したんですよ。
ですが、ネジの先でコイルを止めるって所が気になって購入しなかったんです。


このGoblin Mini V3は、その辺りの心配もないので、もう、即購入!
そう思ってた矢先、VAPE JPさんのGIVEAWAY企画に登場(@_@)

そりゃ応募しますよね、皆さん(´_`)/
えぇ、わたしも応募しましたよ。

そしたらその後、同じくVAPE JPさんよりGearBestの国慶節セール情報!

うぉ、なんと18.99ドル! FastTechより安いじゃないすか!
こりゃ買わないと損・・・いや待てよ、GIVEAWAY応募中だし、当たるかもしれないっすよね(´_`)
えーっと、GIVEAWAYの応募期間は2016年9月13日~9月30日(金)
一方、GearBestのセールは・・・ 開催期間は9月30日の24時まで。

・・・
・・・

え~っとつまり、当選発表は10月ですよね。
セールは・・・終わってますね(-_-;
い、いやいや、当たれば問題ないですよね、当たれば・・・

はい、ハズれました _| ̄|○
そりゃね、当たる確率の方が低いんですから、当然と言えば当然です。
そしてセールは・・・そりゃもちろん、終了しています(-_-;

いやいや、GIVEAWAYを企画したVAPE JPさんも、商品を提供したり国慶節セールしたGearBestも、悪いわけじゃないんですよ。
わかってます、わかってはいるんです。

ただこう、GearBestでは買う気になれず、国慶節関連でFastTechでも買う気になれず(-_-;


そんなわけで、国内ショップのVAPECHKに白羽の矢が立ったわけでございます(´_`)
ついでに欲しい商品もありましたしね(^^)
買おうと思ったら品切れでしたので、入荷を待って即ポチりました!

こちらは国慶節関係ないので、すぐに届くでしょう。
って思ってたら、昨日不在連絡表が入ってました(@_@)
一昨日発送で、追跡したらまだ福岡だったんですっかり油断してました。
早すぎです(笑)

日中は予定があるので、今夜の再配達をお願いしておきました。楽しみ~♪

それでは、素晴らしい電タバライフをお楽しみください。
VAPEブログはこちら↓
 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
 にほんブログ村

スポンサーサイト

« 前のページ  ホーム

2016年 09月 17日

リキッドのスティープについて

おはようございます。電タバ6年、VAPE半年超のたんやおです(´_`)

今日は、リキッドのスティープについて、思うところを書いてみます。
ちなみに、故・アップル創業者の片っぽ、スティーブじゃないですよ、スティープです。

どういう意味でしょね? ググって調べてみましょう。
STEEP:形容詞:険しい.、急な  ・・・ 違うな(・_・)
     名詞  :急な坂、絶壁   ・・・ これも違いますね(・_・)
     動詞  :浸す、漬ける、染み込ませる   ・・・ これか!

まぁ、しばらく浸して放置しておくことで、染み込むような様をいうんでしょうね。
あえて意訳すれば、熟成って感じですか。

よく行われるのは、リキッドを良く振って空気と混ぜ合わせたり、空気に触れさせて長く放置したり。
味がまろやかになったり、深みが出たり、なんていう効果があるようです。

しかし・・・わたし、これ好きじゃないんですよ(´_`)
あ、もちろんね、スティープを否定するつもりはないんです。
人それぞれいろんな考え方、楽しみ方あっていいですからね。

ただ、わたしは少なくとも味の変化を期待してスティープすることはしないんです。
だってさ・・・要は変質でしょ?(・_・)
酸化だったり成分の気化だったり、その他の化学反応だったり。
それに、なんといっても・・・面倒くさい(´_`)
これはいつ調合したものだから、ボトルに日付書いて2週間後に・・・なーんて管理、とてもできません(^^;

多目に作って、すぐ吸い始めて。
で、日にちが経つごとに徐々に味わいが変わってくる。
こういうのは、別にいいんです(´_`)
だって、面倒くさくないから(^^;

というわけで、わたしは今後もスティープをしないでしょう。
たとえナッツ君が最前列で騒ごうとも、もう作って即吸い始めます(´_`)
数日たって味が変化して来たら・・・それはそれで楽しいじゃないですか(^^)

それでは、素晴らしい電タバライフをお楽しみください。
VAPEブログはこちら↓
 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
 にほんブログ村

« 前のページ  ホーム

2016年 08月 09日

Kangertechの気になるMOD 2製品

どうも。電タバ6年、VAPE半年のたんやおです(´_`)

新製品が続々と発売されておりますが、Kangertechから特に気になる2製品が出るようです。
いずれもボトムフィーダー系の製品で、VAPE JPさんで記事にされてました。
Dripbox2DRIP EZです。
内容の詳細は、リンク先のVAPE JPさんを参考にしてください。
いえいえ、決して手抜きじゃございません(・_・)

ボトムフィーダーに関しては前から注目していて、考察記事も書きました。

Dripboxのサイズでテクニカルなら買っちゃうかも、なんて書いてますね(^^;

そしてその通り、Dripbox2は、Dripboxのテクニカル版みたいな感じですよね。
dripbox2_001.jpg


サイズは、インチ表記しか見つからなかったのですが、4-3/4″x 2-1/4″x 15/16″らしい。
ミリに変換すると、120.65mm x 57.15mm x 23.81mm

あれ、意外とでかい(・_・)

まぁ高さはアトマ込みってことですが、Dripboxの90mm x 45mm x 22mmと比べても一回り大きいような。
iStick Picoが少し太っちょだなと思いながらも45mm x 23mmですから、やっぱりでかい。

まぁ、テクニカル用の基盤が入るので多少は仕方ないにしても、ここはもうちょっと頑張って欲しかった。
$26.95ってことで思わずポチってしまいそうでしたが、なんとか踏みとどまりました(´_`)


一方、DRIP EZの方は・・・。
そう、きっと出るだろうと予測していたサイドフィーダーですよ!
drip_ez_002.jpg


おや? わたしの見事な設計図とウリ2つですね(´_`)
サイドフィード01

左右反転すれば、もうクリソツです!!
いやぁ、さすが中国企業、見事にパクられちゃいましたか?
でも訴えたりしないので安心してください、Kangerさん(´_`)/

サイズは、これもミリに治すと127mm x 57.15mm x 30.16mmですか・・・。
あれ、これまたでかい(@_@)
横幅がDripbox2と同じ数字なんですが、見た目もっと細く見えますけどね~。
ホントかな(^^;

それと、この製品はアトマが専用で、しかもデュアルのサイドフローに見えますね。
デュアルだと均一にドリップするのは難しそうだし、ボトムフローの方が好きなんですよね~。
何でドリップチップ側を加工しなかったんでしょうかね。
それなら既存のRDAでも使えるのが出てきたかもしれないのに(´_`)
ポンプの高さとか吸う時に当たるとか、何か問題があったんでしょうか。
でも、ちょい長のドリチなら邪魔にもなるまいに・・・。

いずれにしても、このサイズ情報が正しければ、手が小さいわたしには、ちょっと大きすぎって感じですね。
今回も購入は見送りかなぁ。
店頭で実機を触れる機会があったら、試してみたいですけどね(^^)

それでは、素晴らしい電タバライフをお楽しみください。
VAPEブログはこちら↓
 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
 にほんブログ村

« 前のページ  ホーム

2016年 07月 16日

リキッドの電導とpH

どうも。電タバ6年、VAPE半年のたんやおです(´_`)

こないだVape studio有楽町店の店員さんと話し込んだ時、BFの通電部腐食の話になりまして。
その時、リキッドが電気を通すのか気になったんですよ。
リキッドにもよりますが、コットンに垂らしたとき少しコイルの抵抗値が変わることありますよね?

ならば実際測ってみようかと。
といって、液体の抵抗値の測り方なんてわからないので、テスターと金属板と絶縁体で適当に作ってみました(^^;
だいたい1cm幅の金属板が1mmの間隔で平行になってる感じです。
これをリキッドに浸し、テスターで抵抗値を見てみようってわけですね。
liq_registance001.jpg

実際にコイル間に溜まるリキッドはもっと近距離にもなるので、どの程度参考になるかはわかりませんけど。


香料原液で測っても意味ないので、吸う状態のリキッドで測ることにします。
それと、pHもなんとなく測りたくなったので測定器をFTでポチってみました(^^;
liq_ph001.jpg

さっそく、今までレビューして、まだ残っていたリキッドで試してみましょう。

まずはCapella Smooth Tabacco。そう、正露丸味と呼んでるリキッドです(´_`)
では少量をキャップに採り、測定器を浸してみます。

テスターを見ると・・・数値が動いてなかなか固定しませんが、まぁこんな感じ。
smooth_tabaco_reg001.jpg


えーっと、0.5MΩですから、約500Ωってとこですか。(←コメントにより、KとMの勘違い発覚。500000Ωが正)
確かに電流は流れそうですが、コイルに比べればかなり大きい抵抗ですね。
これなら問題ないのかもしれませんが、電流が流れるってことは電気分解が起きるわけですから、何かしらの物質が両電極に発生してるんですね。
まぁ、熱分解の方が影響大きいかもしれませんけど(^^;
ただ、成分なんてわからないし、そんなの気にしてたらVAPEなんて吸えませんからね。

では、pHはというと
smooth_tabaco_ph002.jpg


5.96
中性が7ですから、弱酸性ってとこですか。
といっても、レモンやコーラが2くらいだそうですし、キュウリや紅茶でも6くらいだそうですので、そんなもんかと(´_`)
ちなみに、5.5以下で歯が溶け始めるようなんですが、トマトやビールでも溶けてるわけで、ずーっと漬けておくわけじゃないから、気にすることはないでしょう(^^;

次に、HiLIQRY4
hiliq_ry4_reg002.jpg


この表示は、オーバーロードだそうで、まぁ大変高い抵抗値ってことですね(^^;
こいつは電気分解とかは大丈夫そうです。

さてpHは
hiliq_ry4_ph001.jpg


あ、意外とSmooth Tabaccoよりも酸性強いんですね。
といっても、大したことありませんけど。

続いて、HiLIQのキャラメルポップコーン
電気抵抗値は
caramel_reg001.jpg


1000Ω超えてますね。

pHは
caramel_ph003.jpg


まぁこれもRY4よりは酸性度が強いですが、誤差みたいなもんでしょう(´_`)

さて、最後はこないだリキッド提供デビューしたBI-SOのサクラティー
香料からの自作じゃなく、ショップのリキッドですから、何か期待できるかもしれません。
bi-so_sakuratee02.jpg

4Mですから、4000Ω越えですね(´_`) (←これもKとM勘違い。4000000Ωが正)
pHは・・・
bi-so_sakuratee01.jpg

うーむ、これまた弱酸性。
まったく、面白くない結果になって申し訳ない(^^;


だから何? って問われると答えに窮してしまうんですが、こういうのって、調べてるうちに新たな発見みたいなのもあるかもしれませんしね。
いろいろデータが集まったら、何か見えてくるかもしれません。
今後も、リキッドレビューの度に調べてみようかと思います。

それでは、素晴らしい電タバライフをお楽しみください。
VAPEブログはこちら↓
 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
 にほんブログ村

« 前のページ  ホーム

2016年 04月 09日

ボトムフィーダーMODの考察

どうも、電タバ6年、VAPE初心者のたんやおです(´_`)

VAPEについて、まだまだ勉強中なのですが、ちょっと注目していたボトムフィーダー(BF)について最近動きがあったので、思うところを書いてみます。

ボトムフィーダーとは、リキッドボトルをバッテリーBOXに内包し、アトマイザ下部からボトルを押すことでリキッドを注入する仕組みです。
タンクの便利さと直ドリの美味しさを両取りした、夢のような機構かとも思い、注目していました。

調べてみると、数年前に日本でも流行の兆しは見られましたが、その後あまり流行ったような気配はなく、今も細々と、ややマニアックな感じで残っているようです。
出回っている商品は数万もするものが多く、上級者向けなんかに位置づけられているようですね。
印象としては、高い、ごつい、そんな商品が多かったと思います。

ところが、このあいだ大手KangerTechから、比較的低価格でコンパクトな製品が発売されました。
Dripboxという製品です。
KangerTech Dripbox


製品については、メーカや他の方のレビュー記事もあるのでそれらを参考にして頂きたいのですが、わたし自身は買おうかどうかすご~く悩みましたよ(´_`)

しかし結局、今回の購入は見送ることにしました。
理由は主に2つあります。あくまで想像なんですけどね(^^;

・リキッドの供給量がわからない
ボトルを指圧で押すのに加え、途中のチューブもアトマも不透明部分がほとんどですので、どのくらいリキッドが供給されたかわかりにくいんじゃないでしょうか。
入れ過ぎた分はボトルに戻ってくるって記述もあったりしますが、わたしが買ったアトマ(NOPAIN)だったりするとエアフロー部から漏れだしてくること必至です(´_`)
ちなみに、Dripboxのボトルが黒いのは、紫外線によるリキッドの変質を防ぐためだと思っています。

・リキッド供給部が規格化されていない(?)
以前、たまたまBF対応のNOPAINを買ったのですが、その底部はポジティブピンの六角形の穴の先にさらに穴が開いてるものでした。
他のBF対応品を見ると、単に穴が開いているもの、マイナスドライバの切込みに穴が開いているもの等、様々です。
ということは、ポジティブピンは通電の為に密着させても、脇からリキッドはダダ漏れってわけですね。
それを、510規格の外ネジネガティブ金具で密閉し、外に漏れないようにしていると。
ということは、通電部が常にリキッドに浸っている状態なので、汚れや腐食が起こることでしょう。
そのために、ちょくちょくメンテが必要になるかと思います。



これらの課題を解決するため、トップフィードもしくはサイドフィードってのがそのうち出てくるんじゃないでしょうか。

トップやサイドフィードってのは、底からブチューと補充するんじゃなく、プッシュ式等で必要量だけ横や上からチューブでアトマに入ってく感じです。
最近の醤油やラー油の入れ物で、シリコンを押すとその分だけ数滴出てくるってあるじゃないすか。
こ、こんな感じ?
サイドフィード01
絵心のなさは許してください(-_-;)
まぁ、プッシュ式でなくともチューブが目視できれば供給量もわかりやすいかと。
この機構だと、電池はアトマ直下で良いので、配線を引き回す必要もなく、さらなる小型化も可能だと思うんですよね~。


なんなら、チューブ型メカニカルにサイドオプションとしてくっつけるなんてこともできそうな。
ドリップチップとのセットでそんな製品出てきませんかね(´_`)



あーでも、DripboxのサイズでテクニカルなBF MODが出てきたら買っちゃうかも(^^;
VAPEブログはこちら↓
 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
 にほんブログ村

« 前のページ  ホーム

VAPEブログはこちら↓
 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
 にほんブログ村

■ プロフィール

たんやお

Author:たんやお
デジイチから始まったこのブログも、デジイチは息子に召し上げられています。
その代わり、すっかり趣味と化している電子タバコのブログに変貌しています(´_`)
なんですか、最近はVAPEっていうんですね。

■ VAPE環境・好み

外吸い:KBox Nano + NO NAME
  RDA直ドリが美味しいから
  小さいのが好きだから
  タンクは漏れが心配だから
家吸い:iStickPico + AMMIT
  小さいのが好きだから
  リキチャが面倒くさいから
ボトムフロー派
  爆煙より味重視だから
シングルコイル派
  デュアルは組むの面倒くさいから
コットンよりシリカウィック派
  コットン交換が面倒くさいから
携帯ボトルはワンタッチボトル
  蓋の開け閉めが面倒くさいから
低ワット&味重視
  爆煙は喫煙所で目立つから
  電池が長持ちするから
  リキッドが長持ちするから

リキッドは主にHiLIQ香料での自作
  安いから
  ニコチンと一緒に買えるから
リキッドの好み
  清涼剤含まず、甘目やフルーティ

■ カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ 最近の記事

■ VAPEブログランキング

■ お買い物はこちらから


■ お問合せメールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

■ ブログ内検索


まとめ