なんとなく、コレが欲しくなった(´_`)


もはやすっかり電タバブログ

2010年 01月 15日

マクロレンズを検討してみた(´_`) その2

さて先日の「マクロレンズを検討してみた(´_`) その1」でマクロレンズの検討項目をつらつら書いてみたわけですが、今日はそれらをふまえつつ、特徴のあるレンズを(触ってもいないのに)勝手に評価・比較してみようと思います(´_`)


●シグマ MACRO 50mmF2.8 EX DG
 AF:× 操作性:△ 解像度:○ 最短撮影距離:0.189m 手振れ補正:× 価格:◎

友人I氏から借りているレンズの最新機種です。
このレンズ最大の魅力はその価格! 他のレンズより1万以上安いのに、画質も操作性も及第点(^^)
D5000ではAF効きませんが、ワーキングディスタンスは約4cmとの情報もあり、狭いかわりにググーッと寄ることでマクロ撮影気分を満喫できます(´▽`)

●TAMRON SP AF60mm F/2 Di II LD [IF] MACRO 1:1 (Model G005NII)
 AF:○ 操作性:△ 解像度:○ 最短撮影距離:0.230m 手振れ補正:× 価格:△

F値2とAFが効くのが魅力。ワーキングディスタンスは10cmと使いやすそう。
MF時のピントリングの動きが不評だけど、わたしの使い方ではあまり気にならないでしょう。
明るい単焦点レンズとしても活躍できそうです。
でも、明るい単焦点レンズは50mmF1.4あたりを次に買おうかと考えているので、ちょっとかぶるんだよなぁ(^^;
これ1本で済ませるって方が利口かもしれませんが(・_・)

●シグマ MACRO 70mm F2.8 EX DG
 AF:× 操作性:△ 解像度:◎ 最短撮影距離:0.257m 手振れ補正:× 価格:○

巷でカミソリマクロと呼ばれるシャープな画質が魅力。
画角もこのくらいなら手振れの心配は少なそうですし、ワーキングディスタンスも適度にとれるとのこと(^^)

●ニコン AF-S DX Micro NIKKOR 85mm F3.5G ED VR
 AF:○ 操作性:? 解像度:△ 最短撮影距離:0.286m 手振れ補正:○ 価格:×

純正&AF&手振れ補正が魅力。
ただF値は3.5に抑えられてるのと、画質も残念という記事があったりします。発売して間もないためお値段も高め。
手振れ補正がかなり魅力的なだけに、他の評判がイマイチなのが残念。
●TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model272EN II)
 AF:○ 操作性:○ 解像度:◎ 最短撮影距離:0.290m 手振れ補正:× 価格:○

巷で神レンズとか伝説のマクロとか呼ばれる銘玉のAFモータ内蔵版。
なぜかモータ無しより1万円以上安い。これが品質のせいじゃなく、需要供給バランスのせいならいいのですが(^^; ENIIが特に品質悪いという記事は見かけないから平気だと思うけど。
AFも効き、価格も安いので大本命。90mmという中望遠のため、手振れがちょっと心配っていうこと以外は弱点もなし。
ただ、こないだ親父と電話で話したときに勧めちゃいました(^^; 親子で同じのを買ってもなぁ・・・
といっても、あんまり帰省するわけでもないし、まぁいっか(´_`)
やっぱり第一候補はTAMRON 90mm。次点はシグマ70mmかTAMRON 60mmかなぁ。シグマ50mmも悪くないんだけど、旧製品を借りて使っているので、目新しさが不足かな(^^;
VAPEブログはこちら↓
 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
 にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

« 前のページ  ホーム

2010年 01月 13日

マクロレンズを検討してみた(´_`) その1

さて、春になるまでにD5000に装着するマクロレンズの購入を考えているわけですが、例のごとくいろいろ検討してみましょう。
レンズの検討に入る前に、マクロレンズにおける検討項目から考えていきます。

●最大撮影倍率
以前、50mmレンズで被写体まで20cmに近づいた場合と、270mmで50cmに近づいた場合では前者の方が大きく写るのを体感したわけですが、レンズのスペック表なんかにはだいたいこの撮影倍率という項目があって、これを見ればどのくらい大きく写せるかは解るんですね(^^;
マクロレンズと呼ばれるものは、ほぼ1:1です。この倍率は「撮像素子」に映る倍率をあらわしているので、Nikon D5000の場合は横幅2.36cmのものが画面いっぱいに撮れるということになります。10円玉が横いっぱいって感じですね。
ちなみに、Tamron B003は1:3.5でしたので、8.26cm。クレジットカードや運転免許証が幅8.56cmなので、それが3mmほどハミ出る感じ(^^; そりゃ違うわけだ(´▽`)
ってわけで、この最大撮影倍率は1:1を基準にしたいと思います。

●焦点距離
現行ラインナップを見ると35mm~200mm。三脚は今のところ使うつもりはないので、100mm以上だと手振れが心配になってきます。長いのは値段も張りますし(^^;
それと、あんまり短いと被写体までかなり接近しないと1:1の大きさにならないので、ちょっと窮屈な感じがします。
50mm~90mmあたりが今回の検討範囲でしょうか。

●オートフォーカス
マクロ撮影のときにはマニュアルフォーカスがメインとなるので、さほど重要な機能ではありません。でもマクロレンズといってもマクロばかり撮るわけじゃなく、ポートレートでも活躍したりします。その時には欲しいなぁ(^^;
まぁ、ないよりあった方がいいという機能でしょうか(^^;

●マニュアルフォーカス時のフォーカスリング操作性
機種によって操作感は異なるようですが、手持ちのマクロ撮影時はフォーカスリングでピント調節するより、体を前後させて合うところを探す方が多いですね(^^;
ポートレートのときはAFがあればそっちを使うだろうし・・・。
あまりこだわらなくても良さそうです。

●F値
ほとんどの製品はF2.8で、たまに2や3.5の製品もあります。
マクロ撮影時は、絞り解放だと被写界深度が狭すぎたり、解像度を上げたりするために少し絞ることが多いようですので、あまりこだわることもないかもしれません。
F2だと明るい単焦点レンズとしても活躍してくれそうですので、小さいに超したことはないのでしょう。

●最短撮影距離
これはだいたいどのレンズのスペック表にも書いてありますが、以前にも書いたように撮像素子からの距離となります。焦点距離が同じでも機種によって違ったりしますが、広角では短く、望遠では長くなる傾向があります。
より感覚的な被写体との距離、すなわちレンズ先端から被写体までの距離だと、次のワーキングディスタンスと呼ぶようです。

●ワーキングディスタンス
たまにパンフレットに書いてある程度で、ほとんどスペック表に書いていません。
「最短撮影距離-最接写時のレンズ長-レンズ装着面から素子までの距離」
だと思うのですが、最接写時のレンズ長もスペック表に載ってなかったり・・・(^^;
一般的には焦点距離が長いほど大きくとれるのですが、Tamron60mmと90mmではレンズ長の違いもあって1cmほど逆転してたりしますので、よく調べないとね(^^;
でもだいたい、焦点距離が長い方が多目にとれるようです。

●手振れ補正
この機能が付いてるのは一部のレンズのみです。マクロ撮影時の効きには期待できないとか、上下左右は効いても前後のブレはどうしようもないなんて意見も目にします。
とはいえ、手持ちだしバリアングルも使いそうだし、中望遠レンズの場合には付いてた方が安心なんだよなぁ。でも高いんだよなぁ・・・。

●価格
結局これ(・_・)
上の検討項目を踏まえて、その善し悪しが価格差と見合うか、で決めることになります。

次回はこれらの検討項目でいくつかのマクロレンズを勝手に評価しようと思います(´_`)
まぁ、だいたい買おうとしてるレンズは決まってるんですけどね(^^;
VAPEブログはこちら↓
 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
 にほんブログ村

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

« 前のページ  ホーム

2009年 12月 16日

I氏と忘年会

来週の火曜日に、このブログにもときどき登場するI氏と忘年会をすることになりました。
I氏はデジイチの先輩であり、いろいろとアドバイスをくれると共に、わたしにNikon機の購入を決心させた張本人です。

そのI氏のメールに、
「NIKKOR Auto50mm/1.4とAuto28mm/3.5がD5000に付けばすぐにでも貸してあげられます」とのこと(´_`)
持つべきものは友ですね(´▽`)

まだズームレンズも使いこなせていないのに単焦点レンズは敷居が高いかなぁ、などと思いながらもD5000に装着可能か調べてみました。
-Sとか-Hとかいくつかバリエーションはあるものの、どうやら付くという情報が多い(^^)
しかしまぁ、公式サイトの「D5000に装着可能なレンズと使用可能な機能」は初心者にはちんぷんかんぷんです(;´Д`)
AF-SやAF-Iならまだしも、CPUとか非CPUとかなんすか?(;´Д`)
おまけにAiやら非Aiとか、DタイプやGタイプとかあるらしい(^^;

まぁとにかく、いろいろなサイトを参考にすると、I氏が貸してくれるNIKKOR Autoナントカってのは40年以上前のレンズで、非CPUで非Aiなんだそうな(´_`)
Autoという表記に騙されてはいけません。
D5000には付くようですが、フォーカスも絞りも全てマニュアルです(・_・)



工エエェェ(´д`)ェェエエ工工!

オートフォーカスの設定すら満足に出来ない初心者に使えるんでしょうか?(;´Д`)
単焦点の敷居どころじゃありません。
オートマ免許の教習所に通い始めた輩に、マニュアル車を運転しろって感じですか(;´Д`)

いやきっと、こういうレンズで露出とかフォーカスとかを学びなさいという親心なのかもしれません(´_`)

VAPEブログはこちら↓
 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
 にほんブログ村

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

« 前のページ  ホーム

2009年 12月 11日

Tamron B003買いました(´_`)

ボーナスが入りお小遣いに反映されたので、高倍率ズームレンズを買ってきました(^^)
これにて、第一次デジイチ購買プロジェクトは終了です(たぶん)。
買ったのは、TamronのAF18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC LD Aspherical [IF] MACRO (Model B003)。
同時にレンズプロテクターの購入を勧められましたが、3千円以上と言われたので予算オーバー(;´Д`)
今回はあきらめました。レンズキットの購入を一週間遅らせてれば余裕で買えて・・・
なんて言いません(・_・)
さらに、ダブルズーム買ってもキャッシュバックを考慮すると予算内だった・・・
なんて言いません(-_-;)

B003を持ち帰って、開封したときの感想は、「重っ&太っ!」でした(´▽`)
比較対象が標準レンズしかありませんが、かなりずんぐりとした印象です(^^;
まだ撮ってはいませんので、レビューは後日にします(´_`)


さてさて、これで今までのトータルは
本体 Nikon D5000 レンズキット  60,621円
ズームレンズ Tamron B003 18-270mm45,128円
SDHCカード Verbatim SDHC16GRVB3,680円
カメラバッグ ケンコー DG-190M1,980円
ブロア ハクバ ブロアーブラシTS-L600円
液晶保護シート 100禁 DSLite用105円
除湿剤 100禁 B型シリカゲル105円
-----------------------------------------------
合計112,219円
キャッシュバック(予定)-15,000円
最終金額97,219円

みごと、予算10万円以内に収まりました(´▽`)
ちなみに、2781円の余裕があるので安めのレンズプロテクターなら買えますね。
機会があったら買っておきます(^^)
あ、あとはキャッシュバックの切手代が300円くらいかなぁ。そこまで細かくなくていいか(^^;
VAPEブログはこちら↓
 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
 にほんブログ村

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

« 前のページ  ホーム

2009年 11月 04日

高倍率ズームレンズ再考

タムロンのキャッシュバックについて、友人I氏に
「これは背中を押されてるんでしょうか」 と相談したところ、
「いいえ、沼に引きずり込もうとしてるだけだよ」 と、ごもっともな回答(´_`)
オマケにI氏の沼状況を10台以上のレンズリストとともに説明して貰いました(;´Д`)

こ、こうはならないぞっ! と軽く誓いました(´_`)
でも、NikonにすればI氏の資産活用も可能かなぁ・・・ おっと、なんか足下がぬかるんで来たぞw


さて先日はNikon D5000を前提としてレンズ構成を考えてみたのですが、対抗のCanon Kiss X3、Pentax K-x ではどうなるのでしょう?

X3は、ほとんどD5000と同じ状況でした。レンズの構成も価格帯もほぼ一緒。ま、ボディ単体の価格が2千円くらいD5000より高かった程度ですかね。これも1ヶ月後はどうなってるかわかりませんし。

それより調べてみたいのはK-x! マウント形状で見ればNikon同様、古~いレンズが付くという話だし(^^;
それに手ぶれ補正がボディ内にあるおかげで、レンズにコストをかけずに済むという利点もあるそうで、さっそく調べてみましょう。
まずはボディ。っと思ったら、K-xはボディ単体では販売してないんですね(;´Д`) これは痛い。
仕方ないのでボディ単体はレンズキットで考えることにしましょう。現在5万5千円くらい也。

まずはWズームキットのお値段。今日の価格.comで69000円。18-55mmと55-300mmが付きます。
おや、望遠側はX3やD5000の1.5倍もあるんですね。画質や性能は調べてませんが、ちょっとだけポイントです(´_`) 価格はキャッシュバック分を考慮してもニコキヤノよりちょい安め。
では高倍率ズームレンズを見てみましょう。価格.comの絞り込み検索によると
 純正 18-250mm : 64800円 455g
 Tamron 18-200mm: 23800円 398g
 Tamron 18-250mm: 41000円 430g
 シグマ 18-200mm: 29800円 405g
 シグマ 18-250mm: 56000円 630g ※手振れ補正付き
ってなラインナップ。
18-200mmを見ると、なるほど手ぶれ補正が不要なだけあってリーズナブル(^^) おまけに重さも200g近く軽くなってますね。
でも18-250mmを見ると価格差はNikon、Canonとあまり変わらなくなってきます。Tamronではキャッシュバックによって逆転してますし(^^;
I氏のサポートも受けられそうにないし、やっぱりNikonかなぁ(´_`)
VAPEブログはこちら↓
 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
 にほんブログ村

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

« 前のページ  ホーム

VAPEブログはこちら↓
 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
 にほんブログ村

■ プロフィール

たんやお

Author:たんやお
デジイチから始まったこのブログも、デジイチは息子に召し上げられています。
その代わり、すっかり趣味と化している電子タバコのブログに変貌しています(´_`)
なんですか、最近はVAPEっていうんですね。

■ VAPE環境・好み

外吸い:KBox Nano + NO NAME
  RDA直ドリが美味しいから
  小さいのが好きだから
  タンクは漏れが心配だから
家吸い:iStickPico + AMMIT
  小さいのが好きだから
  リキチャが面倒くさいから
ボトムフロー派
  爆煙より味重視だから
シングルコイル派
  デュアルは組むの面倒くさいから
コットンよりシリカウィック派
  コットン交換が面倒くさいから
携帯ボトルはワンタッチボトル
  蓋の開け閉めが面倒くさいから
低ワット&味重視
  爆煙は喫煙所で目立つから
  電池が長持ちするから
  リキッドが長持ちするから

リキッドは主にHiLIQ香料での自作
  安いから
  ニコチンと一緒に買えるから
リキッドの好み
  清涼剤含まず、甘目やフルーティ

■ カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ 最近の記事

■ VAPEブログランキング

■ お買い物はこちらから


■ お問合せメールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

■ ブログ内検索


まとめ