なんとなく、コレが欲しくなった(´_`)


もはやすっかり電タバブログ

2016年 08月 06日

スピットバック防止機構を自作してみた(´_`)

どうも。電タバ6年、VAPE半年のたんやおです(´_`)

この前、「Genesis化の絶縁について」で書いたように、NOPAINをGenesis化したときのスピットバックに悩まされています。

スピットバックとは、コイルで熱せられたリキッドがバチバチと弾け飛ぶ現象のことで、熱い飛沫が口に入ったり、手に飛んだりしてアチチってなるわけです。
ワット数やコイルの質・形状、コイルと心材の接触度合、コイルから吸気口への長さなど、様々な要因によりスピットバックの度合いが変わったりします。

このスピットバックに対して、防止機能の付いたドリップチップなんかも販売されていますが、何かのついでに買うのはいいとして、これ単体でワザワザ・・・な感じ。

ということで、自作してみましょう(´_`)

まず要件としては、
1.スピットバックを防止する
2.ドリップチップから直接リキッドを垂らす「直ドリ」を妨げない
3.味やドローにさほど影響を与えない


その他、安価で取外しや洗浄等メンテが容易、なども要件ですかね。

ドリップチップは、NOPAINに付属していた内カーブ型の中口径ドリチで、内径を計ってみると7mm程でした。
spitback001.jpg


防止に使う素材ですが、さほどコイルに近いわけでもないので、薄いプラスチックでよさそうです。水をよくはじきそうな、クリアファイルを切りだしてみましょう(´_`)

少~し斜めに入れたいので、幅8mmのちょい楕円形に切ってみます。
spitback002.jpg


パックマンみたいに真ん中に切り込みを入れ、上下にを織り込んでみます。
こんな感じ。わかりますかね?
spitback003.jpg

そいつをドリップチップに差し込んで、位置は爪楊枝で微調整(^^;

ま、こんなもんですかね。

上から見ると、向こうが見えるところはないので、1のスピットバックは防止できそう(^^)
spitback004.jpg


あとは、2なんですが、実際垂らしてみても溢れたり溜まったりすることもなく、これも大丈夫!

そして3は、もともとNOPAINは1.5mmほどの穴ひとつのドローですから、これも問題なし(^^)

もちろん、爪楊枝で外せますし、作りが簡単なので交換もOK。

切り方や形状は工夫の余地もあるでしょうが、結構適当でも平気かもしれません(´_`)

それでは、素晴らしい電タバライフをお楽しみください。
スポンサーサイト

VAPEブログはこちら↓
 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
 にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

VAPEブログはこちら↓
 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
 にほんブログ村

■ プロフィール

たんやお

Author:たんやお
デジイチから始まったこのブログも、デジイチは息子に召し上げられています。
その代わり、すっかり趣味と化している電子タバコのブログに変貌しています(´_`)
なんですか、最近はVAPEっていうんですね。

■ VAPE環境・好み

外吸い:KBox Nano + NO NAME
  RDA直ドリが美味しいから
  小さいのが好きだから
  タンクは漏れが心配だから
家吸い:iStickPico + AMMIT
  小さいのが好きだから
  リキチャが面倒くさいから
ボトムフロー派
  爆煙より味重視だから
シングルコイル派
  デュアルは組むの面倒くさいから
コットンよりシリカウィック派
  コットン交換が面倒くさいから
携帯ボトルはワンタッチボトル
  蓋の開け閉めが面倒くさいから
低ワット&味重視
  爆煙は喫煙所で目立つから
  電池が長持ちするから
  リキッドが長持ちするから

リキッドは主にHiLIQ香料での自作
  安いから
  ニコチンと一緒に買えるから
リキッドの好み
  清涼剤含まず、甘目やフルーティ

■ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ 最近の記事

■ VAPEブログランキング

■ お買い物はこちらから


■ お問合せメールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

■ ブログ内検索


まとめ