なんとなく、コレが欲しくなった(´_`)


もはやすっかり電タバブログ

2010年 03月 07日

電子タバコ 510系

さて、パイプ型電子タバコDSE601にヘチマカートリッジで、休日は優雅な電タバライフを送っているわけですが、外出時にはもう少しお手軽な、510系という電子タバコを使っています。
510系は中型で扱いやすく、充電器兼用ケースと共に持ち歩けるので会社でもこれを吸っています。
この510系に使われる標準カートリッジも、やはり購入時のままだと蒸気量がイマイチで、中の綿を入れ替えたりといった工夫によって、グンと蒸気量が増したりします(^^)

この510系のカートリッジは、DSE601とくらべて小さいので、ヘチマではなくコーヒーフィルターを使ってみました。ヘチマも悪くはなかったのですが、形を整えたりが意外と面倒で((((^-^;)
こういった工夫に関しては電子タバコWikiあたりに書いてありますのでここでは省略します。
ただ、ヘチマにしてもコーヒーフィルターにしても、うまく形が決まらないと、リキッド漏れが頻繁に発生して、吸い口からリキッドが口に入ったりすると顔をしかめることになります(;´Д`)
かといって、補充するリキッドを少なめにすれば、頻繁にリキッド補充が必要となって面倒くさくなります(;´Д`)

いかに補充回数を少なくし、または補充を簡単にするかというのも電タバの課題なんですね(´_`)

で、ここんとこその課題を解決できそうなモノを見つけたのでその紹介を。
それは、Blue Cig Japanで扱っているTiny Titaniumのカトマイザー(以下TTカト)を使う方法です。カトマイザーとは、アトマイザー(噴霧器)とカートリッジとが一体になったもので、2ピースタイプと呼ばれる電子タバコに使われます。Tiny Titaniumは510系と互換性があるので問題なく使えます。

で、2ピースは上記Wikiのリキッド補充方法なんかを参考にすると、かなり面倒くさそうなので敬遠していたのですが、試しにTTカトを使ってみたら、いろいろ手抜きができたのでこれは楽ちんかと(´▽`)
具体的な手抜き方法ですが、TTカトに付いている吸い口パッキンも逆流防止用シリコンも取っ払ってしまい、代わりに穴を開けたシリコンキャップを吸い口にする方法です。意外と逆流してきません(´▽`)
TTカトシリコンキャップ穴開け
リキッド補充時は、このシリコンキャップを外して、リキッドボトルから直接垂らします。このとき、少し斜めにして周りの筒から染みこませるのがコツですね(^^;
もちろん入れ過ぎは液漏れの原因になるでしょうが、意外と長持ちするようです(´_`)
スポンサーサイト

VAPEブログはこちら↓
 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
 にほんブログ村

テーマ:最近のお気に入り - ジャンル:趣味・実用

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

VAPEブログはこちら↓
 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
 にほんブログ村

■ プロフィール

たんやお

Author:たんやお
デジイチから始まったこのブログも、デジイチは息子に召し上げられています。
その代わり、すっかり趣味と化している電子タバコのブログに変貌しています(´_`)
なんですか、最近はVAPEっていうんですね。

■ VAPE環境・好み

外吸い:KBox Nano + NO NAME
  RDA直ドリが美味しいから
  小さいのが好きだから
  タンクは漏れが心配だから
家吸い:iStickPico + AMMIT
  小さいのが好きだから
  リキチャが面倒くさいから
ボトムフロー派
  爆煙より味重視だから
シングルコイル派
  デュアルは組むの面倒くさいから
コットンよりシリカウィック派
  コットン交換が面倒くさいから
携帯ボトルはワンタッチボトル
  蓋の開け閉めが面倒くさいから
低ワット&味重視
  爆煙は喫煙所で目立つから
  電池が長持ちするから
  リキッドが長持ちするから

リキッドは主にHiLIQ香料での自作
  安いから
  ニコチンと一緒に買えるから
リキッドの好み
  清涼剤含まず、甘目やフルーティ

■ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ 最近の記事

■ VAPEブログランキング

■ お買い物はこちらから


■ お問合せメールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

■ ブログ内検索


まとめ